日本人が死亡する原因となる主な病気として、ガンがあります。生命保険会社では、多くのガン保険を取り扱っており、加入者も増えています。ここでは、保険とガンの治療法の関係性について考えていきます。
ガンを治療する方法としては、大きく分けて3種類あります。手術療法と放射線療法、そして化学療法の3タイプです。それぞれの特徴を解説していきます。
手術して治療する方法とは、メスなどを用いてガンを取り除くものを指します。一般的には、ガンのある部位を切り開いて行う方法があります。最近では、ガンの大きさによって内視鏡・腹腔鏡などを用いた小規模な手術も行われるようになってきています。
放射線療法というのは、ガンに放射線を照射していく治療のことを指します。ガン細胞の遺伝子に直接ダメージを与えることで、死滅させたり小さくする治療となります。照射する部位の皮膚などに副作用が出るケースもありますが、手術と比較した場合、体への負担が小さいとされています。
化学療法は、注射・点滴や飲み薬で治療する方法です。抗がん剤を用いて行う治療で、人によっては強い副作用が現れることもあります。
ガンの保険商品には、全ての治療手段に給付金が出るものもあります。しかし、限られた治療のみに給付金を支払うところもあります。