ガン保険と上皮内ガン

| 未分類 |

 

がんのために備えるためにガン保険に加入するということは多いです。しかし、保険に加入する際には、保険内容を確かめることが大切です。保険内容を確かめないと、がんになったとしても診断給付金がもらえないということもあり得ます。
がん保険を選ぶ際に注意したいポイントは上皮内ガンの取り扱いです。このがんは上皮に生じるがんです。その特徴は一般的ながんとは異なります。
多くのがんは他の細胞に広がっていきます。このことを浸潤と呼びますが、上皮に生じるがんにはこの浸潤が起こりません。
また、上皮にはリンパ管や血管がありません。このため、他の器官に転移するという心配はありません。がんは他の器官に転移するという特徴があり、この点からも一般的ながんとは異なります。
転移がないという点から完治が見込めるがんです。手術でがん化した細胞を取り除くと、それでがんが治ったことになります。一般のがんになると手術して退院したとしても、がんが再発する可能性があるので定期的な検査が必要になります。退院後に必要となる費用が異なるのです。
このため、保険によってはがんと認定されないことも多いです。がんと認定されないと診断給付金が少なかったり、支給されなかったりします。このため、給付金が支払われる条件については特に注意して確認して下さい。