放射線療法の原理

| 未分類 |

 

放射線療法とは放射線をがん細胞に照射して、そのがん細胞が増えるのを抑えたり、がん細胞そのものを消滅させたりする治療方法のことです。放射線を当てるだけでは周囲の細胞も傷ついてしまいますが、治療の際にはピンポイントでがん細胞にだけ放射線を当てます。
もともと強い放射線には、細胞の中のDNAに働きかけて細胞を壊す力があります。正常な細胞であれば壊れたところもすぐに修復できますが、がん細胞は修復機能が弱く、放射線を当てると簡単に壊れてしまう上に修復も遅いです。この原理を利用して何度も放射線を当てて、少しずつがん細胞を壊していきます。
周囲の細胞も一緒に壊れるので多少の副作用がある場合もありますが、現在では医療の進歩により周囲の細胞に影響なく治療を行うことも可能です。正常な細胞の修復力とがん細胞の修復力の差を利用したものが放射線による治療です。アポトーシスという細胞が消滅する現象を強くして、がん細胞がより死滅しやすくする治療も行われています。
放射線治療は手術をするまでもない早期のがんや、手術が難しい場所にできたがんの治療などに使われています。切除することによって外見や声が変わってしまったり、なんらかの機能を失ったりする場合にも利用されます。