化学療法の原理

| 未分類 |

 

化学療法という言葉を聞いた事はありますか?この療法は、悪性の癌腫瘍ができている人、末期癌の方、毒性を持った微生物や真菌、ウイルスなどに感染している疾患を持っている患者さんに対してとられる療法です。この療法の原理とは、一体何なのでしょうか?
この療法で使われるのは、抗がん剤です。これは、化学的な療法を用いて疾患を改善させたり、治療していこうと試みるものです。比較的重症の疾患である場合や、細菌や微生物によって疾患が引き起こされている場合に、点滴によって薬剤を注入したり、注射で打ったりしながら、その薬を体に入れ込んで治療していきます。
この療法を使えば必ず完治するとも言えませんが、症状が軽くなったり、生存期間を引き延ばす事ができます。薬物治療というような表現もできます。
この薬物治療で問題になっているのは、副作用です。人によって副作用の出方は様々ですが、つらい症状で苦しむ方も非常に多いのです。副作用に挙げられる症状にあてはまらない症状が出る方もいます。
今では、色々と薬物も改良されてきているので、副作用の程度が軽い薬もありますが、今よりもっと以前は、副作用が原因でストレスを感じてしまったり、身体的精神的に負担がかかったりして苦しんでいた方は多いようです。