免疫療法の原理

| 未分類 |

 

がんに侵された場合の治療法としては、外科手術や化学療法、放射線治療が代表的なものとなっています。最近では、第4の治療法として注目を集めている、免疫療法というものがあります。がん細胞だけを狙って攻撃をする治療法で、様々な研究や取り組みが行われています。
その原理は、免疫担当細胞やサイトカイン、抗体などを活性化する物質を用いることで、免疫機能を上げていくというものです。その結果、がん細胞を攻撃してなくしてしまうという効果を狙っています。
まだこの治療法だけで対応できる段階にはなっておらず、色々な治療法と併用されているのが現状です。今後は更なる研究がなされ、より効果的に治療できるようになると言われています。4つの治療法を組み合わせることで、がん細胞をなくせる可能性が高まる可能性があるのです。
第4の治療方の中には、ANK免疫細胞療法というものがあります。がんの再発や転移を抑制する効果があると期待されている治療法です。患者自身の体内からリンパ球を取り出し、培養して強化されたANKを体内へ戻すことで、免疫力をアップさせるという原理です。
取り扱っている医療機関や医師は限られているため、どこでも受けられる治療法ではありません。しかし、新たな治療法として広まっているものなのです。