最新の医療によって手術をしなくてもがんの治療ができるようになっています。手術は体力が必要なので、がん治療で弱っている体では手術ができないことも多いです。手術をしない代替療法はがん治療にとっては重要です。
がん細胞の特徴はその増殖速度です。無尽蔵に増殖し、細胞が持つ本来の仕事ができなくなります。増殖したがんは取り除かなければなりません。
人には異物を取り除く機構が存在しています。このため、少量のがん細胞なら取り除けます。しかし、大量のがん細胞は取り除けなく、何かしらの方法でがん細胞を弱らせることが必要となります。
がん細胞の特徴としては高温に弱いということです。細胞は基本的には高温には弱いですが、がん細胞は通常の細胞が大丈夫な温度でも、存在できなくなります。
このため、体温を上げるという代替療法があります。これが温熱療法です。この療法の原理は特殊なレーザー光を当てることにより、体の奥の方でも体温を上げるということです。
この他にもマッサージによって血流を改善させ、体温を上げるという民間療法があります。お灸を使用したものもあります。これらはすべてがん細胞が高温に弱いという視点からの治療法です。体温を上げると自己免疫も高まるので、がん細胞を取り除く能力もアップするという効果も期待できます。