造血幹細胞移植の原理

| 未分類 |

 

がん治療の一つの方法としてあるのが、造血幹細胞移植です。この治療法は、どのがんにも効くということではなく、循環器系のがんに、おもに有効であるとされています。
造血幹細胞とは、骨髄の中に存在し、血液中にある赤血球、白血球、リンパ球を作り出している重要な細胞です。これらを作り出すとともに、自己複製を繰り返すことで、骨髄からなくなることはありません。
また、この治療法の優れている点の一つとして、ほかの移植に比べて、ドナーの負担が少ないという点があります。骨髄からの採取だけで、臓器がなくなるということがないからです。もちろん、移植には適合となるドナーが必要となりますので、誰でも移植が行えるわけではありません。
また、移植の前には前処置療法として、放射線治療や抗がん剤の服用などにより、ウィルスなどに立ち向かう白血球が減少していきます。これは、移植に際して、新しい造血幹細胞を受け入れるための準備でもあります。
しかし、移植前と移植してからその細胞が有効になるまでの2~3週間は、免疫力が低下するため、合併症を引き起こしやすくなるというのが、怖い点であるとされています。
何事にも、メリットデメリットがあるのはつきものです。きちんとした原理を知って、治療に望まれることをお勧めします。