上皮内ガンの基礎知識

| 未分類 |

 

上皮内ガンの保険に加入するのであれば、その言葉の定義を知っておく必要があります。一般的にガンと呼ばれているものは、医学的には新生物と言い換えられます。上皮とは粘膜の上部層をし指しますから、ここにガンがあると上皮内新生物と呼ばれることになります。言葉の違いはあっても、一般的には同じことです。
よく知られているように、ガンは腫瘍状になることが多く、これには良性と悪性があります。上皮内腫瘍にも良性と悪性があり、これが良性である場合は、ガンとは言わないのが一般的です。保険に関しては、新生物の良性を含む場合と含まない場合があるので、事前に確認が必要になります。
上皮内にできたガンが良性の場合、転移の危険性は少なくなります。発見が遅れてもその部位だけを取り除けば、根治する可能性が充分にあります。一方で悪性であった場合は、リンパ節を検査してガンが広がっていないかを確認する必要があります。
いずれにしても、ほかのガンと同様に定期的な検査で早期に発見するに越したことはありません。また、保険に関していえば、発見してからでは加入できないケースが多くなります。いざというときに利用できないのでは意味がないので、健康なときから加入を検討することが求められます。